脱毛の方法紹介

MENU

脱毛をする方法ってどんなのがある?

今やムダ毛の処理は当然のエチケットとなっています。特別に美意識が高いという方でなくとも、ムダ毛のお手入れはしていると思います。ムダ毛のセルフケアとしては「剃る」方法と「抜く」方法との2つに大きく分けることができます。

 

脱毛をする方法としては

 

毛抜きを使用する方法、クリームを使用する方法、ワックスを使用する方法、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛などが挙げられます。それぞれの方法について紹介していきます。

 

毛抜きを使用する方法

毛抜きを使用して脱毛をすると、カミソリ等で剃る場合と比べて仕上がりが綺麗であるというメリットがあります。また、1週間程度は新たな毛が生えてくることもありません。しかし、毛抜きでの脱毛をすると肌に大きな負担がかかりますし、新たに生えてきた毛が埋没したり、細菌に感染して毛のう炎を起こしてしまったりすることもありえます。

 

クリームを使用する方法

脱毛用のクリームを使用して脱毛をする場合、剃毛した時のように黒いポツポツが残ることもなく綺麗に仕上げることが可能です。

 

しかし脱毛クリームは生えている毛を溶かす作用があるので、それだけ強い作用のある成分が配合されています。肌には多大な負担をかけてしまい、最悪の場合は色素沈着を起こしてしまうこともあります。

 

ワックスを使用する方法

ワックスによる脱毛は、原理としては毛抜きによる脱毛と同じです。脱毛箇所にワックスを塗り、布で覆ったあと一気にはがすことで毛を抜いていくのです。仕上がりは毛抜きを使用した時と同じように綺麗になりますが、慣れるまではかなりの痛みを伴うとともに、肌に負担をかけるというデメリットがあります。

 

光脱毛

光脱毛は、主にエステサロンで施術される脱毛方法です。比較的広範囲に光を照射することができるためスピーディーに施術をすることができますし、レーザー脱毛と比較して痛みが少ないという特徴があります。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は美容外科やクリニック等の医療機関で施術される脱毛方法で、レーザーを照射してメラニン色素と反応させることで毛根にダメージを与え、脱毛を促します。エステサロンで行う光脱毛と比較して光の出力レベルが大きいため効率的に脱毛をすることができますが、痛みを伴ったり火傷のリスクが高くなるというデメリットもあります。

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、毛穴に細い針を刺して電流を流すことで毛根を焼くことにより脱毛をするという方法です。

 

一時的に腫れることはありますが、火傷等のリスクは少ないと言われています。そしてニードル脱毛は、毛根をひとつひとつ確実に処理していきますので、全ての脱毛方法の中で最も効果が高い脱毛方法となります。永久脱毛も、このニードル脱毛なら可能となります。しかし、施術にはかなりの痛みを伴うというデメリットがあります。また、毛穴ひとつひとつに針を刺して施術しますので、かなり時間がかかりますし、費用も嵩んでしまいます。

 

一口に「脱毛」といっても実に様々な方法があります。脱毛をする際には、時間や費用、肌にかかる負担など様々な点を考慮し、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

 

 

>>仙台・長町のミュゼ 限定価格で脱毛 TOP