エステサロン 脱毛機器

MENU

エステサロンの脱毛で使用する器具

エステサロンでは脇や足、手はもちろんのこと、背中やうなじ、お腹や顔など様々な部分の脱毛をすることができます。一昔前は脱毛クリームやワックス等での施術が行われているサロンもありましたが、現在では光脱毛がメインとなっているようです。

 

エステサロンの広告を見ていると

 

「フラッシュ脱毛」や「プラズマ脱毛」、「光脱毛」など様々なフレーズを見かけると思います。しかしこれらは使用している光の種類によって呼び方が異なるだけで、基本的にすべて同じ「光脱毛」に分類されます。光脱毛の中でも、とりわけ「IPL脱毛」か「SSC脱毛」という方法により光脱毛が行われています。そこでその2種類の脱毛方法についてご紹介させていただきます。

 

IPL脱毛

IPL脱毛とは、インテンス・パルス・ライトという光を出す器具を使用して行う脱毛方法のことをいいます。インテンス・パルス・ライトは、メラニン色素に反応する性質を有しています。

 

IPl脱毛では対象部位に光を照射することで、ムダ毛のメラニン色素と光を反応させ、ムダ毛の毛根にダメージを与えることによって脱毛を促すのです。IPL脱毛で照射される光は、生えてきたばかりの細い毛や顔に生えている産毛にも反応しやすいため、より高い脱毛効果を得ることができると人気があります。

 

ただし、IPL脱毛にはデメリットも存在

 

それは肌が熱をもちやすいということです。そのため肌が弱い方は稀に肌がひりひりしたりすることがあるようです。

 

SSC脱毛

SSC脱毛は、正式にはスムーススキンコントロールという脱毛方法のことをいいます。

 

この脱毛方法では、まず脱毛をする部位に専用のジェルを塗布し、その上からSSC脱毛専用器具により光を照射していきます。IPL脱毛が特殊な光を照射して脱毛をする方法であるのに対し、SSC脱毛は光とジェルの相乗効果によって、脱毛を促すというわけですね。

 

SSC脱毛の際に使用されるジェルには美肌効果の高い成分も含まれているため脱毛をすると同時に美肌効果も得ることができます。さらに光を照射する前にジェルを塗るため、肌にかかる負担も少なくて済みます。SSC脱毛は、肌が弱い方やデリケートゾーンの脱毛をする際におすすめの方法といえます。またこの脱毛方法は比較的新しい技術なのですが、その安全性と効果の高さから大手サロンを中心にこの技術が取り入れられているようです。

 

2種類の脱毛方法をご紹介させていただきましたが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。エステサロンを選ぶ際にはそのサロンがどのような器具を使用し、そのような脱毛方法を採用しているのかを調べてみることをおすすめします。

 

 

>>仙台・長町のミュゼ 限定価格で脱毛 TOP